水素水を飲むと、糖尿病の予防効果もある!!

水素水の効果
水素水を飲むと、
糖尿病の予防効果もあります。
糖尿病

糖尿病は、すい臓から分泌されるインスリンが不足して、

血糖値が下がらなくなってしまう病気です。

 

食生活や運動不足などによって引き起こされるため、

生活習慣病と呼ばれ、多くの日本人が罹っている病気です。

bs0I9A8732

 

血糖値が高い状態を放置していると、手足のしびれ、

視力低下、心筋梗塞や脳梗塞といった怖い病気につながります。

 

主な治療法は、インスリンを注射で注入する事ですが、

血糖値が下がりすぎても危険です。

 

水素水が糖尿病を予防する

すい臓がインスリンを分泌する能力が低下するのは、

活性酸素が大きく関与しています。

 

水素分子は体の隅々まで行き渡り、優れた抗酸化作用を持っているので、

活性酸素を無害化して、糖尿病を防いでくれます。

しかも、悪玉活性酸素のみを無害化するので、

インスリン注射のように多すぎても危険という事が有りません。

多すぎた分はすぐに体外に抜け出てしまいます。

 

水素水がインスリン分泌を促したり、効果的に血糖値を下げる事が、

各研究機関から報告されており、

糖尿病患者に水素水をすすめる医師も増えてきているそうです。

 

薬と同様の効果を得られ、副作用がまったく無く、

たくさん摂っても大丈夫なのですから、

まさに魔法の水です。

 

水素水は他にも驚くべき効果が有ります。

 

ただ、水素水ならどれでも良いというわけではありません。

 

私も購入しました。

 

 

 

<本サイト記事>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す




CAPTCHA