どれを選べば良い?水素水を選ぶ基準はこれ!!

水素水を選ぶ基準
たくさん出ている商品の中から、
どれを選べば良いのでしょう?

二日酔いの低減やダイエット効果など、さまざまな効果が明らかになってきている

水素水ですが、数多く販売されている商品から、どうやって選べば良いのでしょう?

 

実はいとも簡単です。

水素水を選ぶ基準は、飲む時点での水素濃度が高いものです。

 

特殊な条件下ではマイナス水素イオンや活性水素といったものも存在しますが、

体内に取り込むことはできませんし、各研究機関が報告しているのは

水素分子による効果です。

水素分子に種類は有りませんから、重要なのは濃度のみなのです。

 

日本では薬事法の制限があって、水素水の効能を謳う事は出来ませんから、

効能を謳っている商品は無いはずですが、水素分子に種類は無いので、

効能に差は無く、水素分子が多いか少ないか(濃度)だけです。

ちなみに、水素分子をたくさん取りこんでも、

対外に抜けるだけで副作用は有りません。

 

ただ、気を付けたいのは、商品を作った時点の水素濃度ではなく、

飲む時点での水素濃度が高い事が重要です。

 

水素分子はこの宇宙で最も小さい分子ですから、

ペットボトルなどでは、漏れて濃度がどんどん低下してしまうのです。

 

高い水素濃度を謳った商品でも、ペットボトルの場合は

飲む時点での水素濃度はかなり低下してしまっています。

 

アルミの容器に入っている商品が多いのは、

アルミだけは水素が抜けないからです。

それでもプラスチックの飲み口があると、

そこから少しずつ抜けてしまいます。

水素水容器

 

 

水素分子に差は有りませんが、商品によって水には差が出てきます。

天然水を使った美味しい水素水なども販売されています。

 

 

 

 

<本サイト記事>